北陸ガスのエネファーム

レジリエンス

停電が発生しても発電を継続
災害時の備えにもなります

エネファームが発電しているときに停電が発生すると、自動で停電時専用コンセントから、電気を供給します。(※1)
また、停電発生時にエネファームが発電していない場合でも外部電源に接続する事で、起動させて発電することが可能です。(※2)

また、停電復旧時には、自動で通常運転に戻ります。さらに、計画停電や予期できる災害(台風等)時には、タイマーで発電設定をしておくことで、レジリエンス機能が確実に使用できます。

詳しく知りたい方はこちら

※1都市ガスと水道が供給可能状態であることが必要です。また、事前に停電時専用コンセントの設置が必要です。
※2すべての市販の蓄電池、発電機での起動を保証するものではありません。なお、起動可能な条件の目安は、(電圧AC101V±6V、電圧1kw以上、容量500Wh以上)です。

通常時と停電時の運転イメージ

エネファームでつくった電気と、電力会社などからの電気を併用します。(エネファームでつくった電気を優先して使用)

停電時イメージ

停電時でも、エネファームで発電した最大500Wの電力を使用できます。エネファームが発電中に停電になったときには、電気の流れが自動で切り替わり、停電時専用のコンセント仕様が可能になります。

事前に施工が必要です。

停電中の運転イメージの例

停電時もエネファームで発電した最大500Wの電力を使用できます
(グラフは一例であり、実際の電気·お湯のご使用状況によって発電時間は異なります)

停電中の運転イメージ

ご使用電力は、メーカー·機種·ご使用条件などにより変わります。また、動作しない機種もあります。
ガスコンロ・ガスストーブは、停電時にも使用できます。(ガスが供給されていて、本体に乾電池が設置されている場合。)

発電モードを使ってスマートに停電に備える

停電中の運転イメージの例

台風や大雨などの雨天による停電や計画停電など、あらかじめの停電の発生が予測されている場合は、以下の設定を行うと、より安心して停電に備えられます。

1

翌日以降に停電の可能性がある場合

(例:計画停電や数日後に台風直撃による停電が予測される場合)

停電予定の前日までに「予約発電」の設定により、
停電発生予定時刻の2時間前に発電を開始するように設定する。

「停電発電モード設定」を「入」にしておく。

停電予定時刻が変わった場合は、再度予約時刻を変更してください。
停電復旧後は、元の発電モードに戻してください。

2

当日に停電の可能性がある場合

(例:天気予報などで、夕方から強い雷雨による停電が予測される場合)

発電モードを「手動発電」に変更する。

「停電発電モード設定」を「入」にしておく。

リモコンを確認し、タンクがお湯で満タンにならないように、定期的にお湯を使用する。

当日すでに2回発電を行っている場合や発電停止後2時間以内である場合など、「手動発電」を設定できない場合があります。
タンクのお湯が満タンになると発電を停止します。
手動発電設定を行ってから発電を開始するまでに、約40分かかります。発電開始までの間に停電が発生した場合は、停電時発電を行うことができません。
「発電アシストふろ予約」を設定すると、タンクが満タンになる前に自動でお湯はりを使用します。 

万一の断水時でも貯湯ユニット内のお湯(水)が使えます

災害などで突然、断水した場合も、貯湯ユニットのお湯(水)が使えるから、いざというときにも安心です。最大で約130L(トイレ約32回分)のお湯(水)を取り出し、雑用水として使用できます。備蓄管理の手間が省けるとともに、常に水が確保できるという安心感につながります。

イメージ

断水時の貯湯タンク内のお湯(水)のご利用は
非常時水取出し栓から水道ホース等で取り出し可能です。

飲用、調理用、および入浴用には使用しないでください。

PAGETOP