活躍するガスのプロ達

生産部門

設備管理

安定供給を目的に、工場設備の改善・新設備建設や維持管理等の業務を担当。ガス製造の現場では、流体、材料、ポンプ・コンプレッサー、化学、電気及び情報処理など様々な技術を利用して、設備の最適運用を目指しています。あわせて生産コストも低減するため、設備改善や各機器の運転方法の変更によりコストを抑えた生産方法を追求しています。

生産管理

季節や天候などで日々変化する需要量に対応するため、過去のデータや天気予報から需要を予測し、原料(天然ガス)の受入量を調整しながら、都市ガスの生産・品質管理を担当。24時間お客さまに安心してガスを使っていただけるように、多くの計器やデータを常に目を光らせてチェックし、安定供給を実現します。

丸山 祐多

■出 身 自然科学研究科・電気情報工学専攻(地元就職)

■入社後の経歴
 2013年 生産部門にてガス生産管理業務
 2015年   〃 にて工場設備維持管理業務
 2016年   〃 にてガス生産管理業務
 2017年   〃 にて工場設備維持管理業務を担当
・・・現在に至る

丸山祐多写真

担当業務/都市ガス製造工場設備の維持管理

「都市ガス」は原料ガスの受入に始まり、熱量調整、付臭、圧力調整など様々な工程を経て製造されます。工場にはそのための電気・機械設備が多数あり、そのなかでも高圧受電設備や太陽光発電設備、発電機といった電気設備の維持管理業務を担当しています。ガス会社にいながら、毎日電気について考えています。

絶縁抵抗測定

受電設備取替工事

責任のある仕事であり「やりがい」のある仕事

都市ガス製造工場に限ったことではありませんが、小さな設備不良が重大事故を引き起こすことがあります。設備不良による事故を起こさないためにも、日々変化する設備の運転状態や劣化状況に目を配り、維持管理していかなければなりません。様々な分野の知識と経験を必要としますが、責任のある仕事であり「やりがい」のある仕事です。

自分を成長させてくれた出来事や仕事ベスト3

第1位 担当工事でのヒヤリ体験

担当した工事で「工場監視設備の電源オフ作業」が必要になり、計画書を作成し作業に臨みました。しかし、計画書に間違いがあり関係のない設備の電源をオフにしてしまいました。ガス製造に支障はありませんでしたが、製造停止につながる可能性もあったミスであり、ヒヤリとしたのを覚えています。入念な下調べ、確認作業の重要性を痛感しました。

第2位 落雷により設備が停止!緊急事態への対応

落雷で太陽光発電設備が停止した事がありました。停止当日、私は休みでしたが出動要請があり、現場に向かいました。一人での対応は初めてだったため不安もありましたが、日頃から模擬訓練で対応方法の手順を確認をしていたため、迅速かつ確実に対応することができました。日頃からの訓練の必要性・重要性を実感するとともに、一人で対応できたという大きな自信を得ることができました。

第3位 工事計画の策定

初めて受電設備の取替工事を担当したときです。計画策定時、工場への影響やどうすれば安全に工事が進められるのか、工事会社と何度も打合せをし最善の工事方法を模索しました。その甲斐あって、工事は予定通り進み事故なく完了できました。段取りには苦労しましたが、無事工事が完了した時の達成感はひとしおでした。

橋本 健太

■出 身 理工学域・機械工学類( U ターン就職)

■入社後の経歴
 2014年 生産部門にてガス生産管理業務を担当
・・・現在に至る

橋本健太写真

担当業務/ガス製造設備の運転操作・巡視点検

安心・安全で高品質な都市ガスを製造するため、製造設備の運転操作や巡視点検(パトロール)を行っています。安定して都市ガスを作り続ける工場は、365日24時間稼働しているため、三交替制で勤務しています。

橋本さんのある一日

写真今日は交替勤務の中でも1直(21:15~8:00)の勤務です。
自宅から職場まではマイカー通勤ですが、夜なので渋滞もありません。
交替勤務は、前の勤務者からの引継ぎを受けることから始まります。これまでの工場の稼働状況や予定している作業・注意点の確認を行い「情報の共有」を徹底しています。

写真前の勤務者が退社すると、安全のため工場の入口を閉門します。
今晩も工場の安全操業に努めます!夜間の工場内の移動には懐中電灯、ヘッドライトが欠かせません。

写真定期的に工場内の巡視点検を行います。
製造設備の圧力や温度の変化を、計器を見て確認するだけでなく、異音・異臭・振動などがないか五感を使って確認します。この積み重ねが、異常事態の早期発見や速やかな対処につながります。

写真点検から戻ってきたら、製造日報を作成します。
工場内での様々なデータは、毎時間集計しており、一日の終わりに各工場ごとにデータをまとめます。
各工場がまとめたデータを集計することで、供給地域全体の一日あたりのガス使用量を算出しています。

写真日報作成業務が終わったら、カフェインタイム!
コーヒーなどを飲んで眠気を吹き飛ばします!!
1時間休憩時間があるため、夜食を食べる方もいらっしゃいます。

写真工場内には、停電時でも製造設備に電気が供給できるよう非常用の発電機が備えてあります。
定期的に発電機の試運転を行い、「もしも」の時にちゃんと作動するよう、また自分一人でも作動操作が行えるよう確認を行います。

写真終業前、次の勤務者に引継ぎを行い勤務終了!
三交替勤務の基本シフトは3日勤務→1日休み(ときどき2日休み)です。土日休みでないため、平日料金でゴルフをしたり、お得なプランで弾丸海外旅行へ行ったりなど、自身のスケジュール次第でプライベート時間を充実させることができます!

高頭 智也

■出 身 理工学部・機械工学科(Uターン就職)

■入社後の経歴
 2015年 生産部門にてガス生産業務を担当
 2018年   〃 にてガス製造設備保守業務を担当
・・・現在に至る

(新規ウインドウでリクナビのページを開きます)

OJTトレーナー制度とは?

新入社員と配属部署の若手先輩社員がペアとなり、業務の指導や支援を行う制度です。
仕事について指導してもらうだけではなく、様々な不安や悩みも相談しやすいので、より早く会社に馴染め、自立した社会人としての成長につながっています。

また、先輩社員にとっても魅力ある制度。後輩をきめ細かくフォローすることで、指導力やコミュニケーション能力を高めることができています。

2018年度の新入社員とOJTトレーナーにインタビューしました!


  ■出 身   
  自然科学研究科
  材料生産システム専攻
   (地元就職)
OJTトレーナーと新入社員の写真

  2004年入社
  ■出 身 
  工学部
  物質化学工学科
   (Uターン就職)

お互いの第一印象は?

植松
仕事と走りに真面目に取り組む人です。配属当初は、小さな手帳に所狭しとメモを取っていて、工場設備の操作をするたびに忙しく手帳をめくっていました。現在は、大きなファイルに操作をわかり易くまとめてスムーズに仕事を進めています。初めて顔を合わせた新入社員歓迎会では、具合が悪そうでした。本人いわく、飲み過ぎたそうです。
有本
最初の頃は仕事を覚えるのに必死だったので、植松さんの第一印象はあまり記憶に無いというのが正直なところです(笑)。ただ、配属されて仕事が始まると、他の先輩方が触れなかったような細かいところまでしっかり教えてくれるので、仕事に熱い方なんだなと感じました。その印象は今も変わっていません。

担当している仕事内容は?

都市ガス製造工場の巡視点検やガスの品質管理を行っています。巡視点検では、小さな異変も見逃さぬよう、五感を働かせて点検しています。品質管理では、ガスの熱量や臭気濃度等が法令や自主基準で定められた値・範囲になるよう調整しています。365日24時間、都市ガスを供給し続けるため、三交替勤務で仕事をしています。

仕事を教わる側、教える側として気をつけていることはありますか?

有本
「まず、自分で考えること」を意識しています。工場では、都市ガスの熱量や付臭といった品質を保つために、状況に応じて設定値の変更操作を行います。配属されて間もない頃は、その判断を先輩に頼りっぱなしでした。しかし、それでは判断力が上がらないので、まず自分ならどうするかを考えた上で先輩に相談するよう気をつけています。
植松
製造業務の最大のミッションは「安定供給の確保と品質管理」であり、正確な操作が要求されます。そのため説明時には、マニュアルや図面、資料等を用いて工程や原理、構造がイメージしやすいようにしています。設備は、「見て、触って、音を聞き」、調整は「変更するタイミングや量」を考えてもらうようにしています。

有本さんの成長を感じたエピソードはありますか?

植松
現在は使用されていない休止設備のネジ部分から潤滑油が染み出し始めたのを発見して、同様の設備に異常がないか確認してくれました。使用、不使用に関わらず、設備はいつ不具合が起き始めるかわからないものなので、巡回時に細部まで注意深く点検できていることを感じました。また、先日焼肉を食べに行った際に、都市ガスを使用している店舗か確認しており、ガス会社の社員らしくなってきたと感じました(笑)

職場の人間関係や雰囲気は?

有本
面倒見の良い方が多いと感じます。新人研修の3ヶ月間、様々な部署を回って仕事を教えてもらった際、他の部署に配属される新人に対しても、いやな顔をせず丁寧に指導して下さいました。仕事に必要な資格の勉強をしていた際には、多くの先輩方から励ましの声を掛けてもらったり、役立つ資料や教材を紹介してもらい、大変心強く感じました。

今の目標と10年後の目標を教えてください。

有本
現在の目標は、製造設備の仕組みをもっと深く理解し、地震や停電等の事態が発生しても落ち着いて対処できる能力を身に付けることです。 10年後には現在の製造部門だけでなく、供給部門や営業部門など他部署の業務も経験し、北陸ガスでオールマイティーに活躍できる技術や知識を身に付けていたいです。

その目標に対してアドバイスをお願いします。

植松
災害時等の対応についても、操作する設備は通常時と変わりません。事態発生後の設備の損傷や異常の有無が判断できることや日々と変わらない正確な操作ができることが重要となります。そのため、東港工場を診断できる“医者”になれるように五感に磨きをかけましょう。また、グループ内には供給や営業部門で活躍されていた方もいるので、時間を作って色々な経験談を聞いてみて下さい。

<番外編>お互いのプライベートの顔を紹介して下さい。

植松
とにかく走ってます。週4~6日位走っています。休日は、イベントに参加して中距離からフルマラソンまで走っているそうです。タイムの短縮にやりがいと達成感を感じているとのことです。お昼ご飯の主食も玄米です。私も体を動かすことは好きですが、ランニングは苦手なので、楽しく継続できる走り方を教えてもらおうと思います。
有本
植松さんはご家族そろってアクティブなイメージです。よくご家族でキャンプに行ったり、遠くまで出掛けたり、スキューバダイビングをしたりと、楽しそうなことを色々やってらっしゃいます。おススメのキャンプ場やお出掛けスポット等をこれから色々と教えてもらおうと思います!