活躍するガスのプロ達

供給部門

修理保全

お客さまのガス管の修理業務を担当。休日や夜間でも緊急時に備えて待機しており、迅速な対応を図るための「24時間保安体制」をとっています。あわせて、道路上などのガス管に不具合があった際には、協力工事業者と連携し、交通規制をしたり、他の埋設管(上下水道や電気等)の位置を確認しながら、掘削・修理を行います。

設備管理

お客さまへ安定してガスを届けるためのパイプライン等の供給設備・システムの維持管理を担当。災害等の緊急時に利用する「遠隔遮断システム」やガス導管の情報をコンピューター上の地図情報と合成して管理する「マッピングシステム」などを運用しています。あわせて、ガス供給設備(ガスメーター、ガバナー)や機器の点検も保安確保の重要な業務です。

導管建設

お客さまと当社をつなぐ導管ネットワークの設計、建設を担当。近年は道路に埋設されている古くなったガス導管(経年管と呼んでいます)をポリエチレン管(腐食せずに地震に強いガス管)に取替えする工事に力を入れています。経年管対策を通じてガス漏れのリスクを減らし、お客さまから安心して都市ガスをご利用いただけるよう取り組んでいます。

中澤 一哉

■出 身 自然科学研究科・環境共生科学専攻(地元就職)

■入社後の経歴
 2010年 供給部門にてガス導管の設計
 2013年    〃  にてガス内管工事の設計・監督を担当
・・・現在に至る

担当業務/ガス内管工事の設計・現場監督

お客さまの資産であるガス内管工事の設計と現場監督を担当しています。具体的には、委託設計員(当社がガス工事を委託する協力会社の設計員)の設計内容の確認や工事の立会(気密試験やガスへの置換など)、工事完了後の竣工図書の確認を行います。また、事故が起こらないよう定期的に協力会社への安全教育等も行っています。

内管工事現場の監督

工事店と施工前の打合せ

「使命感」と「やいがい」を感じる仕事

ガス工事においては、小さなミスでも重大事故を引き起こしてしまいます。そのため、常にガスのプロとしての責任感を持ち、法令や各種要領を遵守し、工事従事者を指導することにより、天候・現場条件に関わらず事故を起こさないように心掛けています。お客さまに安心してガスをお使いいただくために重要な仕事であり、非常に「使命感」と「やりがい」を感じています。

自分を成長させてくれた出来事や仕事ベスト3

第1位 OJTトレーナーの経験

入社3年目と7年目、OJTトレーナーとして新入社員の教育を担当しました。新入社員に何を聞かれても答えられるよう自分の担当以外の業務内容を覚えたり、責任を持って業務に取り組んでもらえるような指導の仕方を学び、自分自身もスキルアップすることが出来ました。また、社会人としての立ち振る舞いを改めて自覚する良い機会となりました。

第2位 異業種実地研修

入社3年目、異業種実地研修として、デパートの紳士服売り場で接客業務をさせていただきました。普段とは全く異なる業務でとても緊張しましたが、お客さまが最大限に満足する接客を行うことの難しさや楽しさを体感することが出来ました。この研修で学んだ「お客さま第一の姿勢」は今でも業務に生かされています。

第3位 工事が間に合わない!

入社1年目、自分の担当する工事において、協力会社へ工事の施工期限も曖昧に伝えてしまったため、予定工期までに工事を終わらせる事ができず、関係者に迷惑を掛けてしまいました。その後、工期変更等の手続きを行い、大事には至りませんでしたが、重要事項は具体的に伝えることや、確認作業を怠らないことの重要性を痛感しました。

渡辺  杏澪

■出 身 農学部・応用生物化学科(地元就職)

■入社後の経歴
 2013年 供給部門にてお客さま所有の経年管の改善折衝を担当
 2017年 供給部門にてガス導管の設計業務を担当
・・・現在に至る

担当業務/ガス導管の設計業務

工場で製造した都市ガスは、地中に埋設されたガス導管を通じてお客さまに届けられています。私はガス導管の設計業務を担当しており、現地調査や関係各所と協議を行い、工事図面の作成を行っています。また、工事の着工前には工事監督者や工事店(工事を依託する協力会社)と打合せを行い、設計内容の説明や保安事項について伝えています。

渡辺さんのある一日

写真私の勤務先である新潟支社はすぐ近くにバス停があるため、バス通勤をしています。出社して作業服に着替えた後は、飲み物を飲んでほっと一息つきながら1日の業務スケジュールを確認したりメールチェックをして過ごしています。

これから設計する案件について、工事店の担当者と打ち合わせを行います。今回は経年埋設管を保安確保のためポリエチレン管へ入替する工事です。ガスの導管図や既設管の竣工図を確認しながら、入替路線についての検討したり、施工方法を協議します。
また、工事店の希望の着工時期を確認してそれに間に合うように設計の計画を立てます。

設計図面を作成するため現地調査を行っています。現地では周辺の状況(障害物となる電柱や側溝の位置)確認のほか、道路幅の測定や他埋設物(水道管など)の位置を確認します。そして、市や県などの道路管理者へ提出する写真の撮影も行います。この現地調査資料や既設ガス導管の竣工図をもとに関係各所と協議を行い、新設ガス導管の埋設位置や既設ガス導管のと接合方法を検討します。

待ちに待ったお昼休みです。写真は昼食後のティータイムです。仕事からプライベートの話まで、いろいろな話をしているとあっという間に昼休みが終わってしまいます。
人によっては午後からの業務に備えて昼寝をしている方や筋力トレーニングに取り組む方など、皆さん自由に過ごしています。

設計システムを使用して製図を行います。協議内容や収集した情報を設計図面に反映していきます。見やすくて分かりやすい図面の作成を心掛けています。どのような設計にするかで悩むこともありますが、設計内容がまとまり、その内容を図面に描いていく作業は非常にやりがいがあります。写真は完成した図面を上司と確認してしているところです。

定期的にチームミーティングを実施しています。このミーティングでは工事の進捗状況や設計方法の報告・共有を行うほか、日頃から疑問に思っていることについて確認を行います。設計の仕事は個々で進める業務が多いため、このような情報共有の場がとても重要です。毎回、発言が途切れない実のあるミーティングとなっています。

写真今日は宿直です。各支社では営業時間外の保安確保のため、当番制で毎日夜間待機(宿直)業務を行っています。私は、お客さまからの「ガスが出ない」、「ガス臭いような気がする」といった電話の対応・受付を担当しています。緊急の修理が必要と判断された場合は、待機していた処理員がすぐさま出動します。

島垣 幸奈

■出 身 工学部・化学システム工学科(地元就職)

■入社後の経歴
 2015年 供給部門にてガス管・ガス設備の修理・調査受付を担当
 2017年 供給部門にてガス導管の修理保全を担当
・・・現在に至る

(新規ウインドウでリクナビのページを開きます)

OJTトレーナー制度とは?

新入社員と配属部署の若手先輩社員がペアとなり、業務の指導や支援を行う制度です。
仕事について指導してもらうだけではなく、様々な不安や悩みも相談しやすいので、より早く会社に馴染め、自立した社会人としての成長につながっています。

また、先輩社員にとっても魅力ある制度。後輩をきめ細かくフォローすることで、指導力やコミュニケーション能力を高めることができています。

2017年度の新入社員とOJTトレーナーにインタビューしました!

新入社員 北畠優
  ■出 身   
   自然科学研究科
   環境科学専攻
   (Iターン就職)
OJTトレーナーと新入社員の写真 OJTトレーナー 細山圭介

  2015年入社
  ■出 身
   創造理工学研究科
   総合機械工専攻
   (Uターン就職)

お互いの第一印象は?

細山
北畠さんの第一印象は、緊張のせいか大人しそうで、私と違い真面目そうな印象でした。入社から半年間一緒に働いてみて、印象通り真面目に業務を取り組んでいますし、女性という立場に甘んじることなく積極的に現場に出て、自ら手を動かし作業をしています。また、不明点などは都度先輩社員に確認しており、その積極性は私が逆に見習わないといけないと感じることもあります。
北畠
まだ入社したばかりで緊張している私に、気さくに話しかけてもらい安心したのを覚えています。また、はきはきしていて頼りになりそう!と感じました。一緒に働いてみてからは、仕事に対して真面目で、また、常に周りの人への気配りを欠かさないムードメーカー的存在という印象が加わりました。

担当している仕事内容は?

北畠
供給ガスの圧力を調整するガバナーという設備に携わる仕事を担当しています。ガバナーは高い圧力で運ばれてきたガスの圧力を、お客さまが安全にご利用できる圧力まで下げる役割を果たしている設備です。私は、そのガバナーの圧力調節や保守管理を行っています。

配属後、半年を経過した新人の北畠さんの仕事状況とこれから身につけてほしいことは?

細山
写真ガバナーは、ガスを安定して供給するために必要かつ重要な設備です。半年間でガバナーの基本的な知識・操作方法は身に付けてきたと思います。これからは、突発的に起こるガバナーの不具合やアクシデントに対応できるように応用的な知識・経験を増やしていってもらいたいですし、今まで通り、未経験の現場などには必ず足を運ぶことを心掛けて欲しいです。

細山さんと働いて、すごいと感じていることはありますか?

北畠
社内においても現場においても周りの状況を常によく見ていて、臨機応変に対応できるところです。現場においては他の人の次の行動を予測し、次の作業を行ったり、必要なものを準備したりでき、私もそのように現場で動けることができるよう、日々の経験を無駄にせず自身の引き出しを増やしていきたいです。

北畠さんの成長を感じたエピソードはありますか??

細山
私が他業務で現場に行くことが出来ず、代わりに現場に行ってもらった時です。先輩社員、工事業者さまと協力しながら作業を行っており、私が遅れて現場に到着した頃には、ほとんどの作業が終了していました。その不慣れな現場での作業スピード感にまず成長を感じましたし、先輩社員が「こんなに効率良く作業が終わると思わなかった」と私に話して下さり、思わず私が嬉しくなってしまいました。

今の目標と10年後の目標を教えて下さい。

北畠
今の目標は、様々な現場を経験することで、先輩社員のように素早く状況を判断し、的確な対応ができるようになることです。そのために積極的に現場に行き、まずは自分でどのようにしたら良いか考え、先輩社員に確認しながら素早く・確実に作業を行うようにしたいと思います。十年後の目標は、他の部署も経験することで知識と経験を増やし、後輩を教えることができるような先輩になることです。

その目標に対してアドバイスをお願いします。

細山
現場といっても同じ環境下の現場はないので、様々な現場に積極的に行くことでまずは場数を踏み、経験数を増やして下さい。現場の知識だけではなく、要領書などを読み込むなど机上での理論の知識もプラスして学んでいくことでさらに対応力が上がると思います。私もまだまだ経験不足です。これからも一緒に現場にたくさん足を運びましょう。

<番外編>お互いのプライベートの顔を紹介して下さい。

細山
音楽センスがずば抜けいています!よく同僚や友達などとカラオケに行ったりしていますし、なんと絶対音感を持っています。私もライブやフェスが大好きなのですが行きたかった新潟の音楽フェスに行けず落ち込んでいたところ、参加できた北畠さんは私にお土産を買ってきてくれました(なんと優しい!)。他にも、聞いてびっくりするようなペットを飼っている一面もあります(笑)。
北畠
交友関係が広く、よく飲み会に行っているイメージがあります。飲み会では盛り上げ上手で周りを楽しませています。音楽や料理にも詳しく、私も音楽が好きなので、休憩時などにお話ができるのが楽しいです。また、冬は休日にスキーに行くそうです。私はスキーが全然できないのでいつか教わりたいです(笑)。