復旧対策/迅速な復旧・供給再開

北陸ガスでは、日頃から復旧に必要な動員体制の整備、地震を想定した防災訓練の実施、資機材の備蓄などに努めると共に、災害時には災害対策本部を設置し、円滑かつ効率的な復旧に努めます。

非常時の動員体制

気象庁発表の震度が5弱以上の場合は、休日、夜間であっても社員が自動的に出動する体制としています。
また、被害が大きい場合は、(一社)日本ガス協会を通じ、全国のガス事業者による相互応援体制も整備されています。

防災訓練

北陸ガスでは、本社・支社で毎年独自に防災訓練を実施しています。また、国や公共機関の実施する訓練にも参加し、いざというときに円滑な協調体制がとれるよう日頃から努めています。

訓練風景

訓練風景

資機材の備蓄

緊急用資材や復旧工事用材料、作業員の飲料水・食料・医療品などは支社単位で一定量備蓄しています。

復旧作業

ガスの供給を停止した地域の復旧は、まず病院、学校等の避難所等の重要な施設を優先的に復旧するよう努めます。つぎに、道路や家屋の被害が比較的軽い地域から復旧に着手します。
復旧作業の手順としては、「復旧ブロック」を形成し、その単位ごとに「ガス漏れ箇所の調査→修理→供給再開」の順に進め、これを繰り返していきます。

復旧作業の流れ

復旧作業の流れ