快適ガスライフの基礎知識

ガス機器使用時は、換気(給気と排気)をしましょう

ガス機器は新鮮な空気を求めています

ご注意!
ガスが燃えるには新鮮な空気が必要です。換気(給気と排気)が不十分な状態でガス機器を使用すると、酸素が不足して、不完全な燃焼となり、有毒な一酸化炭素(CO)が発生し、中毒となる恐れがあります。


キッチンで

キッチンでの換気

コンロや小型湯沸器をお使いになる時は、必ず換気扇・レンジフードを回すか、窓を開けて換気しましょう。小型湯沸器は安全装置が付いていても必ず換気しましょう。コンロや小型湯沸器を使用中に止まったら再点火を繰り返さず、点検・修理をお申し込みください。
換気扇・レンジフードが汚れていると換気の能力が低下します。換気扇・レンジフードも定期的に点検・清掃してください。

お部屋で

リビングでの換気

ファンヒーターをお使いになる時は1時間に1~2回程度、新鮮な空気に入れ替えましょう。

ガスの使用にともなう人身被害は、一酸化炭素中毒事故の割合が高い!

ガスが燃えるには新鮮な空気が必要です。しかし、閉めきった室内で換気扇も回さずにガスを使用していると、燃焼するための酸素が不足して、不完全な燃焼状態となり、有害な一酸化炭素が発生する可能性があります。これが事故発生の大きな原因のひとつになっています。

人身被害の理由別割合(人数比)

人身被害の理由別割合(人数比)
経済産業省
平成19年~23年消費段階の事故発生状況等より

一酸化炭素(CO)は無色・無臭。知らないうちに吸い込んで、 死にいたることも…

  • 一酸化炭素は、無色・無臭。気づきにくく、毒性は強力で、少量の吸引でも危険です。
  • 軽い中毒症状は頭痛・吐き気など、風邪ににていますが、手足がしびれて動けなくなることがあります。
  • 重症になると、脳細胞を破壊したり、意識不明になったり、死亡にいたることもあります。

空気中の一酸化炭素濃度(CO(%))と 吸引時間による中毒症状

CO(%) 呼吸時間による中毒症状
0.04 1~2時間で前頭痛や吐き気、2.5~3.5時間で後頭痛がします。
0.16 20分で頭痛・めまい・吐き気、2時間で死亡
0.32 5~10分で頭痛・めまい、30分で死亡
1.28 1~3分で死亡